芝生の手入れ作業は美観維持に重要|草刈りガイド

家族

季節ごとの手入れ

自然

芝刈りのポイントとしては、まず季節に合わせて手入れ周期を変更することが必要です。雨や日光の力で植物が成長をする夏には、草がすごい勢いで伸びていきます。芝も例外ではありません。そのため芝刈りの期間も夏は短くする必要があります。期間としては週1回には芝高の管理で、芝刈りをすることがオススメです。芝刈り機で高さを維持しながらカットしていきます。春や秋には、それほど活動的に伸びることはないので、2,3週間程度ごとの芝刈りで十分です。しかし、週1回の頻度で行なうとなると「面倒くさい」と思ってしまう人も多いでしょう。伸ばしてからバッサリと切ればいいと考えていると芝が弱ってしまうトラブルに見舞われるかもしれません。なぜなら、芝は成長点が葉部分の半分程度の位置にあります。草が伸びると、その成長点は高い位置に移動します。成長点をカットすると、芝が弱り、枯れる恐れがあるのです。さらに、伸びた葉で日射や栄養素が妨害されて、芝自体が黄色く変色したり、枯れたりすることもあります。そのため、芝生には徹底した芝高管理が重要なのです。自己管理は難しい場合には、無料見積りから定期的な管理を行なってくれるように依頼をできる会社もあるので、相談してみましょう。芝の管理にはこうしたサポート業者もいるので、信頼できる業者を探して利用しても良いでしょう。選ぶ時には、見積りと費用において明朗会計な会社を選ぶことがオススメです。いくつかの会社で相談してみてはいかがでしょうか。