芝生の手入れ作業は美観維持に重要|草刈りガイド

植物

管理が必要な植物

芝生

芝生を維持するには管理が重要です。芝生を育てる上で重要な手入れとしては、水やり、目土、施肥、芝刈りです。手入れの中でも、重要な水やり。これは、時期や天気を見ながら判断することが必要です。常に水をやり続けると芝生が弱ってしまいます。まず春にはあまり水やりは入りません。しかし夏には、地面に染みこむほどの多めの水を与えることが重要です。梅雨時期は雨が降っているのなら特に水やりしなくても問題ないです。秋も様子を見ながら水やりをする必要があります。次に、重要な手入れが芝刈りです。刈り方を間違えると芝生を枯らしてしまう恐れがあります。美観を損ねるので、慎重に行ないましょう。この2つ以外に必要なのが、施肥と目土です。目土は目に見えて芝生が剥がれている場所や土が雨で流されることで凹凸ができている場所に土を増やす手入れです。芝生は地面を平らにしておかないと、芝刈りの時に均一の長さでカットができなくなります。そのため、凹んでいたり、土が少なくなったりしているところには目土を行なうのです。植物なので、順調な育成には、肥料を与えることが必要です。施肥を行なうことで、根付いている土に栄養を足して、育成をします。この時、芝刈りと一緒に、エアレーションという芝生に穴を開ける作業を行なっておくと良いでしょう。土の中で絡まっている根を切ることで、隙間を作り、成長を補助することができます。手入れをすることで芝生は美しく保持することができるのです。自分で管理ができそうにない場合には、代わりに芝生の管理や手入れをしてくれる専門会社に相談してみてはいかがでしょうか。

季節ごとの手入れ

自然

芝刈りのポイントは、季節ごとの手入れ周期変更です。成長に合わせて、芝高を維持してカットすることが重要なのです。上手く管理しないと芝が枯れる恐れがあるので、細かい管理ができない時には専門会社に相談することもオススメです。

» 詳細

カットの際はご注意を

芝生

芝刈りで芝の美観を保つには、カットの際に芝高に注意を払う必要があります。芝を順調に成長させるためにも、芝刈りでの手入れは重要なのです。しかし、草刈機などで一気に刈り取ると芝が弱ることもあります。

» 詳細

夏の雑草退治

機械

放っておくと、どんどん成長していく夏の雑草達。暑い炎天下で草刈りなんてしたくないと考えている人も多くいます。代行業者にお願いすることで、無理せず、手間なく草刈りを完了することもできます。

» 詳細