芝生の手入れ作業は美観維持に重要|草刈りガイド

家族

カットの際はご注意を

芝生

芝刈りの際にはいくつかの注意点があります。芝刈り機を使わずに草刈機などでカットすると芝の美観を損ねる恐れがあります。芝刈りのコツは、芝の高さが重要なのです。草刈りと違い、芝刈りの際には、根こそぎ根本からカットすると芝が枯れたような状態になります。せっかく手入れしている芝が禿げ上がり、美観が損なわれてしまうのです。そのため、ある一定の芝高で揃えることが美しく芝を保つコツです。芝刈り専用の器械と草刈り機では、アタッチメント付きバリカンとハサミ程度の違いがあります。前者は一定の長さでカットができますが、後者は技術がないと根本まで髪をカットしてしまう恐れがあります。技術のない人が五分刈りを行なった時、どちらが綺麗になるかを考えればはっきりわかりますね。芝刈りを行なう時には、専用の芝刈り機を利用する方が安心です。芝の葉の部分だけをカットする必要があるので、難しい場合には、定期的なカットを専門業者で依頼するのもオススメです。夏の5月から9月あたりは伸びるのが速く、丁寧に手入れをするなら週1回程度がオススメです。春や秋には2~3週間に1回の手入れで問題ないでしょう。芝は伸ばしっぱなしで放置すると、下に太陽光や栄養が届かなくなります。黄色くなったり、枯れたりする恐れがあるのです。そのため定期的に管理や手入れをしてあげることが重要です。広い範疇など、自分の手が回らない時には、専門会社に依頼をして手入れをすると良いでしょう。